法人にとってお得な中古車のリース

営利企業などの法人が自動車を使用する場合は自社にて保有し管理をするよりはリースの方が諸事においてお得で、中古車であればなおのことコスト的に抑えられるメリットも大きくなります。また自社で所有をしませんので経費的な部分を全て所有者に任せられる点も大きいです。 自動車税などの税金の負担や車検なども全て貸してくれているところが対応すべきものですから、借りる側にとって負担がその分についてはありません。諸事何かあれば所有権を有するところに連絡をとって対応を依頼するだけとなります。このときの費用負担は通常は契約書類に明記されています。つまり毎月の支払分の中に含まれているわけです。また買い換えなどの心配が生じることもありませんのでただ単に駐車場の確保程度を考えればよくなります。

自動車の管理費用が思ったよりも重いとき

自動車を自社にて管理し保有する場合はその負担を全て所有者である自社で行わなければならなくなります。しかしながら中古車などを借りてきてリース契約にて対応をする場合にはその限りではありません。購入する必要も無くなりしかもガソリン代や駐車場代程度のみを負担すれば後は毎月の一定額を支払えばことは済みます。新車の場合は負担が重くなりがちなので避けるようにすれば、月々の負担をより軽くし易いです。 このように営利企業であれば利益が出るように経費削減を行っていくことが求められますので、自動車の保有などは余程の事情がない行わずにこうした契約に切り替えることが普通に行われます。もし車両に不具合が出た場合には車両を別のものに変えて貰えば済む話ですし車検時なども同様の対応になります。

税金の負担なども所有者が行います

中古車などでは年数が過ぎてくると重加算税が課せられるケースがあります。大切に使用していても新車登録時からの年月だけで判断されるため重加算税からは免れません。したがってこうした税金などの管理面でコスト増はなかなか企業等にとっては頭が痛い話です。しかしながらリース契約にて借りる契約の場合にはこうした問題から解放されます。 法人の場合はたとえば一台ごとで契約をするのではなく複数台を借りるようにすればその分だけ負担も少なくなりやすいです。全てを所有するとなると税金負担は莫大です。借りている場合にはその心配はしないで済みますし税金の未納問題などで督促されることもありません。借りることの方が法人にとってはメリットが大きい場合が多くなり所有せずに手放すところも多くなっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加