中古車購入と格安リースを比較する

個人にとって「車」を所有する選択肢は主に「購入」ですが、これが企業になれば状況が少し変わってきます。もちろん、購入するという選択肢は多く採用されていますが、購入するにしても新車か中古車かという問題がある他、企業の場合は「購入ではなくリース」という選択肢もあります。 実は、個人でも同じような選択肢を採用することはもちろんできるのですが、一般的にあまり採用されることがないだけです。ただ、人によっては敢えてその方法を選択することもあるので、必ずしも一般的ではないとは言えません。あくまでも選択率が高いか低いかという違いがあるだけで、一般的なニーズでも十分に選択され得る可能性がある方法として認識しておくと、状況に応じて臨機応変な対応ができるようになります。

購入とリースの違いは「所有権」

中古車を購入するかレンタルするのかは人によって選択することができますが、格安料金であることを優先する場合には一方のみが優位になることはありません。当然、初期費用などを含めた負担では購入の方が大きくなってしまう可能性は高いですが、これはあくまでも初期費用に限ったものでしかなく、ランニングコストを含めて考えた場合には大きな差になりづらいものです。 ただ、購入する場合と違ってレンタルの場合は所有権が自分のものにはならないので、資産として自動車を含められなくなってしまいます。企業として、余計な資産を持たないことは節税効果が期待できますが、所有権が自社にないことで手続き上の面倒が増えてしまうことはやむを得ません。それらを含め、いずれの方法が良いのかを判断します。

評判をよく確認すると安心できる

たとえば、中古車を購入する場合に利用する販売店は、全国各地にごまんと存在します。特殊な地域を除けば、狭い範囲に複数店舗が存在していることが普通で、それらの中から任意で選択することになります。リースの場合に関しては選択肢が限定されやすく、必ずしも複数の選択肢がある状況とは限りません。 いずれの方法を選択する場合であれ、基準は「信頼できるかどうか」「利用するメリットがあるのかどうか」です。特に理由がない限りは、他の人が利用した結果、例えば体験談やレビューなどを参考にして判断する方法が有効です。 周囲に該当する人物がいれば簡単ですが、居なくともインターネットで情報を収集することで対応できます。必要な情報を必要なだけ仕入れることができれば、納得して選択することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加