中古車リースのメリットと注意点

中古車リースのサービスは、新車の場合と比べて安く利用できるなどの理由により人気が高まっていると言われています。そもそもリース契約というのは、そのサービスを提供している会社が自動車を購入し、利用者に対して長期間貸し出すという取引形態を指します。従来は新車を貸し出すというやり方が主流だったのですが、最近では中古車を貸し出すというサービスも増えているため、より安く利用したいという方にとって便利になったと言えるでしょう。
また、従来のサービスは主に企業に対して行われていましたが、最近は個人でもサービスを利用することができるようになっているため、個人であっても自動車を購入する以外の選択肢としてその特徴を知っておくとよいでしょう。ここでは、メリットと注意点を挙げることによってその特徴を説明します。

購入費がかからないなど費用面でのメリットが多い

メリットとしては、まず購入する場合のように大きな費用負担をしなくて済むということが挙げられます。当然のことながら自動車の購入費用がかかりませんし、それに伴う書類の手続きも不要となるため手間もかからないということが言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、税金や諸費用を負担しなくて済むということです。自動車の所有権はサービスを提供している会社にあるため、利用者は税金や諸費用を負担しなくて済みます。
さらに挙げられるメリットは、料金が毎月一定なので支払いの計画が立てやすいということです。自分で自動車を所有していると、一時的に大きな出費を強いられることもありますが、中古車リースの場合であれば毎月一定額の料金を支払うだけなので、企業であれ個人であれ、支払いの計画が立てやすくなると言えるでしょう。

契約期間や走行距離制限などに注意

注意点としては、途中での解約が基本的にできないということがまず挙げられます。契約期間は2年と定められている場合が多いため、やむを得ず期間内に解約する場合は、違約金として残りの期間分の料金も支払わなければなりません。次に挙げられる注意点は、破損や故障などのトラブル起こした場合は残価の支払いが必要になるケースがあるということです。
残価というのは、契約が完了した後に付くと考えられる商品価値のことであり、破損や故障してしまった場合はその残価が下がるため、その分の支払いが求められるケースがあります。さらに挙げられる注意点は、走行距離制限があるということです。あらかじめ、契約完了後の車両の商品価値を設定しているため、それに伴って毎月の走行距離に上限が設けられています。ですのでその上限を超えてしまうと、追加料金が発生してしまうため注意しましょう。

自社工場を完備しているので、お客様のご希望のお車をお作りすることが可能です。 最新の入荷情報や会員限定キャンペーンなどお得情報満載のメールマガジン会員募集中! 平成6年に前身の上野商店として創業、平成18年上野自動車株式会社として設立。 車と書類が揃っていれば、その場で即現金買取致します。 HPでは、条件や管理番号から、お探しの車両の在庫情報を検索できます。 トラックを中古車で検索するなら上野自動車へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加